桜庭園「志度ロジスティクスセンター」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image ディノス・セシールは2月28日、桜の名所として知られる「セシール志度ロジスティクスセンター(香川県さぬき市)」の庭園を、4月20日に一般公開し、それに合わせて自社商品のチャリティセールを行う「セシール『志度のさくら』2014~同時開催 セシールさくらチャリティセール~」を開催すると発表した。

 

 セシール志度ロジスティクスセンターには、合計約1万平方メートルの敷地内に「そめいよしの」「しだれざくら」「ぼたんざくら」など、約1000本のさくらが植栽されている。1991年以来、毎年「ぼたんざくら」の見ごろに合わせ、庭園を一般公開を実施。2010年には、財団法人日本さくらの会から「さくら功労者」として表彰され、地元地域における“さくらの名所”として親しまれている。

 

 今回の庭園一般公開では、昨年好評だったセシール商品のチャリティセールを開催。当日は、レディス、メンズ、キッズのアパレル商品に加えて生活用品も取りそろえ、カタログ販売価格の最大90%割引の価格で販売する。なお、売り上げの一部は、さぬき市の志度図書館の児童図書購入のために寄付する

関連記事