2019.9.20

PC専用LPはCVRが高い!?レスポンシブと比較して1.38倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)売れるネット広告社は20日、10社以上の単品通販事業者のエンドユーザーを対象に実施したA/Bテストでスマホ寄りのレスポンシブ型ランディングページ(LP)に比べ、PCに最適化された専用LPのコンバージョン率が、平均して1.38倍高かったことを公表した。 

スマホに寄ったレスポンシブはPCユーザーを取りこぼしている!?

 スマホユーザーをメインターゲットにしたレスポンシブ型LPがトレンドになっているが、このパフォーマンス比較で、PCユーザー向けには別途、PC専用LPを制作したほうが高い広告効果が期待できるとの結論を示した。

 

 「レスポンシブ(ウェブデザイン)」とは、デバイスによって異なる表示領域に合わせて、自動でサイズやレイアウトを調整して表示するもの。PC、スマホ、タブレットと、デバイスに合わせたデザインを別々に制作する必要がないことから、近年では同表示形式を採用したウェブサイトが多い。また、広告についてもレスポンシブ型LPを採用するケースが一般的になりつつある。

1 2

関連記事