2019.9.19

宅配ロッカーでの受取りサービス「Amazon Hub」がスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は18日、 新しい商品の受け取りサービス「Amazon Hub」を9月から導入すると発表した。コンビニエンスストアや各種店舗、駅などで素早く簡単に商品を受け取ることができるセルフサービスの「Amazon Hub ロッカー」と、店舗スタッフの受け渡しによる「Amazon Hub カウンター」の2種類あり、導入は年内に200か所を超える計画だ。

 

 Amazon Hub ロッカーは、利用者が選択した希望の場所で、商品を受け取れるサービス。ロッカーは無料で、誰でも簡単に利用できる。Amazon Hub カウンターは、利用者が普段の生活で使う店舗で、スタッフから商品を受け取るサービスだ。

 

置き配指定サービスとともに再配達問題解消へ

 アマゾンはこれまで、当日お急ぎ便や、お急ぎ便、お届け日時指定便など、多くの配送サービスを提供することで配送の利便性向上につなげてきた。Amazon Hubの導入は、2月から開始した置き配指定サービスとともに、商品の受け取り環境に焦点を当てた取り組みだ。さらには社会問題化している再配達の軽減、解消という視点からも注目度は高い。

 

 9月中に東京と神奈川の数十か所でAmazon Hubにアクセスできるようになり、年内には両都県を中心に約200カ所に拡大する予定。決まっているのは(株)ファミリーマート、小田急電鉄(株)、富士シティオ(株)、東京海上日動火災保険(株)、ecbo(株)、(株)りらく、昭和女子大学、大学生協事業連合など。2020年以降も日本全国に順次、拡大予定という。

1 2

関連記事