2019.9.19

アスクル、飲食店用品を一時値下げ…軽減税率による需要増にらみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は、10月1日に控える軽減税率導入に向けた飲食店のテイクアウト・デリバリー需要の増加をにらみ、おしぼりや割箸、カトラリー、フードパックやランチボックスなどのテイクアウト用品約40アイテムについて、9月30日まで期間限定の値下げを実施中だ。

おしぼりやカトラリーなど40品目を9月末までの期間限定で値下げ

 アスクルによると、消費税率引き上げに伴う軽減税率制度の開始後は、飲食店のテイクアウトやデリバリーの需要の高まりが予想されている。これまで外食のみだった飲食店が、新たにテイクアウトやデリバリーのサービスを始めるケースも増えつつある。

1 2

関連記事