2019.9.17

アスクル決算1Qは黒字転換、純利益は9億1000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)がこのほど発表した2020年5月期第1四半期(5月21日~8月20日)の連結決算は、売上高が前年同期比4.2%増の978臆9100万円、営業利益は14億7900万円(前年同期は営業損失1億1100万円)、純利益は9億1000万円(前年同期は純損失2億3400万円)となった。

 

「LOHACO」は減収も収益は改善傾向

 主力分野のBtoB事業は、前年同期比で31億9100万円増収の795億5100万円(前年同期比4.2%増)となった。SEO施策やインターネット広告の強化などで新規ユーザーの利用が増加。店舗利用の日用消耗品や消耗紙、オフィスで利用される飲料などの生活用品が成長を牽引した。医療・介護施設向け商材の売上高や注力分野であるロングテール商品も順調に拡大し、着実な成長を継続している。

関連記事