2019.9.14

「イエナカ」のハロウィン用品は4年で売上4倍!楽天トレンド調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は12日、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」内に特設ぺージ「楽天ハロウィントレンド2019」を開設するとともに、ページづくりの参考にと実施した楽しみ方や過ごし方についての意識調査結果を公表した。結果は「イエナカ」が7割近く。意外な数字ではなく、実は近年の傾向でもあるという。ハロウィンの日は10月31日。

 

 

今年は7割がお家やレンタルスペースをデコってハロウィン

 日本でも年々盛り上がりを見せ、メジャーなイベントになってきたハロウィン。楽天によると、楽しみ方は仮装やコスプレだけではなく、最近は家の中をデコレーションしたり、ハロウィンカラーの花を飾ったりと、多様化の兆しを見せている。

 特設ページの特徴は、自宅や友人宅、レンタルスペースなどの室内(イエナカ)で楽しむ商品のピックアップだ。カップケーキやウオールステッカーといった「イエナカ商品」の売上は、2014~18年の4年間で4倍に成長しているという。

関連記事