2019.9.12

美容室のネット販売を支援…ミルボン、美容室専売品のEC事業開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室向けヘア化粧品で日本最大手の(株)ミルボンは11日、美容室専売品をオンラインで購入できる「ミルボンプロフェッショナルEC事業」を本格始動すると発表した。2017年にコーセーとの業務提携でスタートしたスキンケアブランド「IMPREA(インプレア)」を手始めに、順次取り扱いブランドを拡大し、サイトの利便性向上をめざしたい考えだ。

 

美容室専売品の課題をECで解決

 ミルボンは現在、美容室での対面カウンセリングでシャンプーやスタイリング剤などを販売する「来店顧客への限定販売」を行っている。美容室の売上はカットやカラーなどの技術売上と店販売上の2つだが、理美容市場の縮小や商品購入比率の停滞傾向は顕著だという。

 

 美容室でしか購入できない専売品のコスメやシャンプーは、商品がなくなるタイミングと美容室に行くタイミングが異なるため、初回購入はスムーズだが、リピート購入がしづらく、継続率が悪いことが大きな経営課題のひとつとなっていた。こうした店販ビジネスの現状が背景となったEC環境の整備は、顧客と美容室双方にメリットがあるという。ECサイトは、ミルボン取扱い店舗で事前に会員登録した顧客のみ、特定の商品を購入できる「来店顧客限定の会員制ECサービス」が特徴だ。

 顧客にとっては、店舗で担当の美容師から購入していた商品をネットで購入できるようになり、美容室へ行くタイミングとは関係なく、欲しいときに購入が可能になる。購入履歴は全て美容室が管理するため、ヘアカットやヘアカラーなどでの次回来店の際に、的確なアフターフォローを受けることができる。

1 2

関連記事