2019.9.10

3年で売上10億円へ!キユーピーが6種ヒアルロン酸の美容ジェル投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キユーピー(株)がオールインワン化粧品市場に攻勢をかける。10月1日に、スキンケア商品ブランド「キュートピア」 から6種類のヒアルロン酸を配合した美容ジェル「キュートピアヒアロワン」を新発売する。初年度売り上げ目標を2億5000万円に設定、3年後に年間10億円を売り上げるスター商品に育成する狙いだ。

 

 

「ヒアロモイスチャ−240」に続くスター商品へ

 2019年で創業100周年を迎えた同社は、マヨネーズの商品開発に関連して鶏卵やニワトリに関する研究を続けてきた。ニワトリの研究から、トサカから抽出・微生物発酵によるヒアルロン酸原料を開発した。独自の分子量調整技術や修飾技術によってユニークなヒアルロン酸原料を揃え、医療関係や健康食品・化粧品メーカーへの原料供給も行なっており「民間シンクタンク調査でヒアルロン酸原料の販売量第1位」(広報)としている。

 

 自社通販商品としては、ヒアルロン酸を機能性表示成分とする機能性表示食品「ヒアロモイスチャー240」や、美容液「ピュアヒアロ」、ミスト状化粧水「モイスチャーミスト」を販売している。同社の通販事業の年商規模は約23億円。

 

6種の独自原料を配合…「ヒアルロン酸研究の集大成」

 新発売する『キユートピアヒアロワン』は、「ヒアルロン酸研究の集大成となる商品」(ファインケミカル本部 営業部 吉田和也部長)と話している。キユーピーが独自開発した分子量や機能が異なる、ヒアルロン酸原料計6種を配合しているのが最大の特徴。

 

 配合されている独自のヒアルロン酸原料は、

  1. ヒアルロン酸ナトリウム
  2. 高保湿型の「ヒアロキャッチ」
  3. 吸着型の「ヒアロベール」
  4. 肌のキメを整える「ヒアロリペア」
  5. 角質層までの浸透型の「ヒアロオリゴ」
  6. ハリ生成の「HAbooster(エイチエーブースター)」

 

 「HAbooster」は、新規原料で「今回が国内初配合」としている。同原料については、9月30日から10月2日にかけてイタリア・ミラノで開催される「第25回国際化粧品技術社会連盟(IFSCC)中間大会」において研究成果の口頭発表を予定している。コラーゲンサイクルを活性化し、肌のシワやたるみを改善するアンチエイジング機能について実証データとともに発表する。

 

 「ヒアロワン」はヒアルロン酸に加えて、伸びが良くやわらかいテクスチャーを実現すべく卵から抽出した卵黄レシチンと卵殻膜を配合した。香料・着色料・パラベンフリー。

 

 「ヒアロワン」の内容量は50グラムで税別7200円。自社通販サイトなどを通じて販売する。

 

初年度の売り上げ目標は3億円、3年後10億円へ

 戦略的商品と位置付けており、主力商品である「ヒアロモイスチャ−240」のクロスセルなどを軸に、初年度売り上げ目標を2億5000万円と設定。3年後には年間10億円を目指すとしている。

 

▽関連記事

関連記事