2019.8.29

楽天ショップ対抗・グルメ甲子園、「九州米大将」が優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は28日、運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」で繰り広げてきたショップ対抗「グルメ甲子園2019」の結果を発表した。商品の販売売上や個数で順位を競う対決企画で、全国の出店店舗500ショップが参加。予選から決勝まで、群雄割拠の大混戦を勝ち上がり頂点に立ったのは、中四国・九州・沖縄エリアの米店「九州米大将」だった。

 

 

「グルメ甲子園」ポイントキャンペーンを実施

 真夏の祭典「グルメ甲子園2019」は7月26日~8月28日。参加ショップは全国を「北海道・東北」「関東」「中部」「近畿」「中四国・九州・沖縄」の5地区に分け、そこから100店舗ずつ。「予選」は7月26日午前10時〜8月2日午後9時59分に行われ、500店舗の中から各地区のトップ3・合計15店舗を選出。選ばれた15店舗による「決勝」は8月16午前10時〜8月22日午後9時59分に開催された。

 

 楽天市場はユーザーの積極参加を呼びかけ、より楽しんでもらおうと、プレゼント企画でも奮発。予選段階では「2000円以上の購入で100円OFFとなるクーポン」を1万枚、「4000円以上で200円OFFとなるクーポン」を4000枚、「6000円以上で300円OFFとなるクーポン」を1500枚提供。決勝15店舗の戦いでは、抽選で300人に購入金額分の「楽天スーパーポイント」をポイントバックした。

1 2

関連記事