2019.8.29

加圧シャツECのGLANdに課徴金4800万円…消費者庁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は28日、今年3月に景品表示法に基づく措置命令を受けていた、男性向け着圧衣類をECで販売する(株)GLANd(グラン)に対し4807万円の課徴金納付命令を出した。

 

シャツとレギンスの2商品で違反、アップセルでの表示も違反認定

 GLANdが景表法の措置命令を受けたのは「金剛筋シャツ」と「金剛筋レギンス」の2商品。

 

 同社はLP上の表示で筋肉隆々の人物の上半身裸の画像と合わせて「まさか、たった3回の腹筋でこんなに追い込まれるなんて・・・! 超ドS級の加圧力、ぶっちゃけ舐めてました。」などとするコピーを記載し、「あたかも着用するだけで、短期間で容易にいちじるいしい痩身効果及び筋肉の増強効果が得られるかのような」表示を行なっていた。

 

 ただ、消費者庁が表示の合理的な根拠を提出を求めたところ、根拠たり得る資料は提出とは認められず違反認定を受けた。

 

 なお、シャツを買い物カゴに入れたユーザーに対し、買い物カゴのページ上でレギンスについていわゆる「アップセル」を行っていた。その際「『今すぐに痩せたい』のであれば金剛筋シャツ』だけでは不十分です」「金剛筋シャツの脂肪燃焼力を6倍に爆上げ」などとする訴求をしており、これについても違反認定を受けている。

1 2

関連記事