2019.8.28

ヤマトHD、米国のヘリ企業と空輸宅配の実証実験に成功 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)と米国テキストロン社傘下のベル・ヘリコプターは27日、ベルが開発した自律運航型ポッド輸送機(Autonomous Pod Transport 70=APT 70)と、ヤマトが開発した貨物ユニットPUPA(Pod Unit for Parcel Air-transportation=荷物空輸ポッドユニット)の機能実証実験に成功したと発表した。「空輸宅配」へ向けた第一歩といえそうだ。

 

26日早朝にテキサスで実験を実施→成功

 両社は顧客に新たな価値を提供するため、これまで培ってきたノウハウを融合させた空の新たな輸送モードの構築を進めている。いわゆるドローンよりも大型、中型の電動垂直離着陸機(Electric Vertical Take-Off and Landing:=eVTOL機)を活用した物流領域で、グローバルリーダーとなることをめざしている。

 

 機能実証実験は現地時間26日朝、米国テキサス州フォートワース郊外で。2018年12月に両社で発表した合意内容を基に、今回改めてサービス導入の時期を2020年代前半に設定。それに向けた取り組みの第一段として、それぞれ開発したeVTOLシステム構成要素の連接性に関する実験を行った。その結果、以下の項目を検証、証明したという。

 

 ①APT 70の空力特性を最適化した姿勢での自律飛行   
 ②飛行中および地上での作業時の高い安全性と可用性    
 ③空輸からラストワンマイルへのシームレスな輸送形態の遷移    
 ④荷物の格納および取り出しに関する取り扱いの容易さ

ヤマト「前例のないオンデマンド物流サービスを創出へ」

 両社は成功を踏まえ、20年代前半までにAPT70がヤマトの荷物輸送システムで導入され、前例の無いオンデマンド物流サービスの顧客満足体験の創出をめざす考えだ。

APT70の機体、ベルとヤマトのロゴがプリントされている

1 2

関連記事