2019.8.31

クラシコムのKPI・メチャカリの課題とは?次世代コマース賞レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(公社)日本通信販売協会(JADMA)は23日、都内・GINZA SIXの(株)プレイドのオフィス内で先進的な中小規模ECを展開している事業者を表彰する「Next Generation Commerce Award(次世代コマース賞)」の受賞式を開催、会員社など約50人が参集した。

 

写真左からJADMA阿部会長、川添氏、クラシコム青木社長、メチャカリ澤田部長

 

 「次世代コマース賞」の大賞は”メディアコマースのパイオニア”とも呼び声の高い「北欧、暮らしの道具店」を運営する(株)クラシコム。特別賞には服の借り放題サブスクリプションECを展開する「メチャカリ」の(株)ストライプインターナショナルが選出された。表彰式では、JADMAの阿部嘉文会長が盾を受賞者に手渡した。

 

阿部会長「日中韓の最先端とふれあえるアジア通販サミットにも足を運んで欲しい」

 阿部会長はイベント冒頭、あいさつに立ち「『通信販売』は形を変えながら発展を続けている。単なる物販ではなく”モノ”を媒介しながらお客様に喜んでもらうことの重要性が増してきている。今回、初めての試みである『次世代コマース賞』は進化する通販業界の中で先進的な取り組みを行なっている事業者を表彰する企画だ」と趣旨を説明。「今回の会は、9月に札幌で開催される『アジア通販サミット』のプレイベントという位置付けでもある。日本・中国・韓国の『通販』の最先端が一堂に会するイベントとなっており、ぜひ札幌に足を運んで欲しい」とも呼びかけた。(▽関連記事: アジア通販サミット、いよいよ9月25・26日に札幌で開催 )

 

 

 授賞式の後には、ECエバンジェリストの川添隆氏(株式会社ビジョナリーホールディングス執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長)をモデレーターに招いての受賞者のパネルディスカッションも実施。クラシコムからは青木耕平社長、ストライプインターナショナルからはメチャカリ部の澤田昌紀部長が登壇し「ECからの脱却!『北欧、暮らしの道具店』、『メチャカリ』のチャレンジのやり方・進め方とは」と題し、KPIや課題についてディスカッションを展開した。

 

盛況を見せたパネルディスカッションの様子

 

 

 そのほか、イベントではプレイドによる「KARTE(カルテ)」の紹介セミナーや(株)GMOペイメントゲートウェイによる来場者全員参加型のワークショップを経て、懇親会へなだれ込んだ。会は盛況のうちにお開きとなった。

 

「アジア通販サミット」でも表彰式、開催は9月25〜26日・札幌

 「次世代コマース賞」の授賞式は、9月下旬に札幌で開催される「アジア通販サミット」の会場でも実施する。アジア通販サミットの開催概要は次の通り。

 

★「アジア通販サミット2019」
主催:(公社)日本通信販売協会(JADMA)
共催:中国電子商会(CECC)、韓国オンラインショッピング協会(KOLSA)
 
会期:9月25日(木)~26日(金)
会場:札幌パークホテル(北海道札幌市)
 

 

▽関連記事

 

 

関連記事