2019.8.16

CMとネット動画の効果測定ツール、Amazon動画広告の取扱を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)の博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)、(株)博報堂DYホールディングスは15日、テレビCMとオンライン動画広告による広告効果を予測するプラニングツール「TV Cross Simulator」で、Amazon Advertising動画広告「Amazon Video Ads」の取り扱いを開始したと発表した。

 

テレビCM×OL動画広告の効果的なメディアプラニングが可能に

 博報堂DYグループのオリジナルというTV Cross Simulatorの目的は、マーケティング効果の最大化にある。企業による広告キャンペーンの狙いやターゲット層、予算規模などに応じ、10種類以上のパラメーターを設定するなどして、最適な出稿配分を予測。より効果の高いメディアプランの策定が可能になるという。博報堂DYグループは2015年にツールの提供を開始して以降、主要なプラットフォーム・デジタルメディアと連携し、さまざまなオンライン動画広告に対応してきた。

1 2

関連記事