2019.8.16

富士山マガジンサービス2Qは増収減益、ユーザー獲得コスト増で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)富士山マガジンサービスがこのほど発表した2019年12月期第2四半期(1~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比35.9%増の21億300万円、営業利益が同10.2%減の1億1000万円、純利益は同25.6%減の6300万円となった。

登録・課金ユーザーは着実に伸長

 同社サービスの基盤となるインターネット環境は継続的な拡大基調にある一方、雑誌の販売の落ち込みは一層、加速している。同社はこうしたなか、定期購読者の囲い込みや新規読者獲得のため、引き続き各マーケティングチャネルの充実やSEO対策、リテンション対策を実施。WEB経由以外でも新規購読者数を増やすために、出版社が管理する既存の定期購読顧客の管理を移管し、購読顧客の獲得や管理、配送までを一括で受ける「Fujisan VCS(Fujisan Value Chain Support)」の展開および法人顧客開拓に力を入れてきた。  

1 2

関連記事