2019.8.14

RIZAPの1Q、黒字に転換…イデアやマルコがけん引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZAPグループ(株)がこのほど発表した2020年3月期第1四半期(2019年4~6月)決算は、売上高に当たる売上収益が前年同期比3.8%増の535億100万円で、営業利益は14億8200万円(前年同期は13億9000万円の損失)と黒字化を達成した。四半期の純損失は1億4000万円(前年同期は31億1900万円の損失)の着地となった。

 

 

インテリア雑貨のイデアや補正下着のマルコが好調

 RIZAP関連事業やインテリア雑貨の(株)イデアインターナショナル、女性用補正下着のMRKホ ールディングス(株)(=マルコの持ち株会社)などが成長を牽引。前期に連結子会社化した創建ホームズ(株)が寄与し、売上収益については第1四半期連結累計期間として10期連続過去最高を記録した。

 

 営業利益は、前第1四半期に主力製品の生産遅延などにより営業損失を計上していたMRKホールディングスが黒字化し大幅な増益となったほか。イデアインターナショナルで利益率の高い自社商品ブランドの売上が拡大。さらに(株)ワンダーコーポレーションが前期に行 った構造改革により増益となったことなどで、計画を上回って推移した。

 

 セグメント別でみると、「美容・ヘルスケア」の売上収益は185億8700万円(前年同期比6.2%増)、 営業利益は2億1400万円(前年同期は3億4500万円の損失)となった。

1 2

関連記事