リピスト、e-LINKと連携…LINEでのCRMが可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カートASP「リピスト」などを提供する(株)PRECSは8月1日、CRMツールなどを展開する(株)バイモソフトと業務提携したと発表した。あわせて、バイモソフトが提供するLINE公式アカウント専用拡張サービス「e-LINK」と連携を開始。リピストやPRECS導入社のエンドユーザーに対し、LINEを通じたCRM施策が可能となった。

 

 

 「e-LINK」はLINE公式アカウント専用の拡張ツールです。1:1チャット、セグメント配信、シナリオ自動応答のLINE配信が実現できるほか、ユーザーアクションごとの自動配信・停止、メニューの設置などが可能。エンドユーザーに合わせたアンケート展開やレコメンド商品の画像・動画・テキストカルーセルなどを実施できる。

 

 

レスポンスが高い・早いLINEメッセージを活用してCRMを実施

 今回の連携によって、「リピスト」「PRECS」の管理画面で「e-LINK」の顧客情報を素早く表示する事ができる。反対に「e-LINK」の管理画面から「リピスト」「PRECS」の代理注文画面を表示することも可能。カスタマーサポート・コールセンター業務の更なる効率化が期待できるだけでなく、LINEを活用したレスポンスの早い・効率的なCRM施策を実現する。リアルタイムでの配送状況確認、各種通知、シームレスなFAQの提供、アンケート型LP、診断型LPなどLINEメッセージを使った商品提案もできる。

1 2

関連記事