ベネッセ1Q、1億5000万円の黒字に転換…価格改定などで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベネッセホールディングスがこのほど発表した2020年3月期第1四半期(19年4月~6月)連結決算は、売上高が前年同期比4.7%増の1088億5100万円。営業利益は1億5000万円で、前年同期の22億7000万円の赤字から一転し黒字転換を果たした。経常損失は4億6900万円(同29億1300万円の経常損失)に収まった。

「進研ゼミ」の価格改定・在籍者数増が寄与

 親会社株主に帰属する四半期純利益(最終損益)は15億9700万円の赤字(同33億6700万円の赤字)だった。主力事業の通信教育講座「進研ゼミ」を値上げするなどして収益が改善、赤字幅が縮小した。

 

 売上高の増収要因は、「進研ゼミ」の価格改定とともに、在籍者数の増加。19年1月8日付で、学校の校務などを支援するシステム会社2社を連結子会社化したことも増収に寄与した。介護事業で、運営する老人ホームや住宅数の拡大によって入居者数増となったことも増収の一因になっている。

 

 営業利益は、グローバルこどもちゃれんじ事業で減益となったが、国内教育事業と介護・保育事業などで増収増益となった。

1 2

関連記事