ベガコーポレーション1Qは減収減益、利益改善で広告投資を再開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家具インテリアのECサイト「LOWYA(ロウヤ)」を運営する(株)ベガコーポレーションの2020年3月期第1四半期(2019年4月~6月)決算は、売上高が前年同期比1.5%減の33億2000万円、営業利益は同89.8%減の700万円、純利益は同87.1%減の600万円となった。一部配送会社の値上げによる配送費の上昇や新規事業開発への継続投資などにより、前年同期比較では減収減益となった。

 

 

減収減益も利益率は改善

 売上減は季節商材の縮小が主な要因。損益面をみると、既存商品の販売価格、商品構成の見直しを引き続き実施した結果、売上総利益率の改善が進んでいる。

1 2

関連記事