2019.8.1

「ミンネ」がCtoCから総合プラットフォームへ…法人出品を開放

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペパボ(株)が運営する国内最大のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ」は7月31日、メーカーやセレクトショップなど法人からの出品を可能にするための利用規約を改定したと発表した。これまでのCtoC(個人間取引)に限らず、ものづくりに関するモノ・ヒト・コトが集まる「ものづくりの総合プラットフォーム」として裾野を広げたい考えだ。

 

 

ものづくりの総合プラットフォーム目指して

 minneは、誰でも簡単にハンドメイド作品を販売、購入、展示できるプラットフォーム。現在、作家数は54万人を超え、作品数は1千万点以上。20〜30代の女性を中心に、ものづくりに関心が高く、こだわりのアイテムを探しているユーザーが集まるマーケットだ。アプリのダウンロード数は、1千万件に達している。

1 2

関連記事