女性の8割、ソーシャルメディアが「商品購入に影響」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラフ トレンダーズは1月10日、女性の「ソーシャルメディア利用」をテーマとした意識・実態調査を実施し、その結果を発表した。

 

 まず、アカウントの有無を問わず、「日常的に閲覧しているソーシャルメディア」を聞いたところ、全世代で閲覧者が多いのは「LINE」(45%)、「YouTube」(41%)だった。特に「LINE」については、10代で48%、20代で45%、30代で41%と全年代で4割を上回った。

1 2

関連記事