2019.7.16

JPの「楽天特別運賃」を改訂、10%値下げも…RMSアプリ開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)はこのほど、7月から12月にかけて新たに改訂する店舗運営支援策や消費税増税の対応について、楽天市場の出店店舗に通知した。全店舗で送料無料ラインを統一する「ONE TARIFF」(ワンタリフ)についての詳細の通知はなく、後日に改めて告知されることになった。

 

 

楽天SRで「集荷・持込サービス」を開始

 新たな店舗運営支援策は、「ワンデリバリー」に向けた物流関連サービスや「RMSアプリ」「R-Messe」のリリースなど。物流については、まず年内から来年にかけ、関東地域に「楽天スーパーロジスティクス」運営拠点を新たに増設する方針を明らかにした。時期と場所は明確にしていないが、現在、関東地域で候補の物流センターを検討している模様。

 

 「楽天スーパーロジスティクス」の物流拠点への集荷については、店舗の倉庫に集荷(または店舗から楽天拠点への持込)し、楽天の自社物流網を活用して商品をユーザーに届ける「集荷・持込サービス」を9月から新たに開始する。集荷対応地域は、東京都・千葉県の「楽天エクスプレス」配送対象地域となる。

 

 楽天市場全体で日本郵便と運賃契約を結び、運賃を大幅に割引する「楽天特別運賃プログラム」(2017年7月から開始)についても、9月から料金を改定。より魅力的な価格体系とした。店舗の荷物の量やプランによっても異なるが、同社の試算では、10%の値下げになるという。

 

 そのほか、ワンデリバリー構想をシステム面で支援すべく、子会社のハングリード社と連携し、受注・在庫管理システム「BOSS」(Back Office Support System)を今秋から月額1万円の利用料で提供する。「BOSS」はフレキシブルとオートメーションをコンセプトに受注業務を効率化する。料金体系は月額料金に加えて受注件数に応じた重量課金制で、楽天市場での受注については無料で、楽天が全額負担する。

1 2

関連記事