2019.7.16

ロッカーに入れた商品の発送を代行、メルカリが中国電力と実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリは12日、中国電力(株)との連携により、イオンモール広島祇園店で、マルチシェアリングロッカーを活用したシェアリングサービス「ぐっとずっと。シェア」の実証実験を開始した。

 

 

梱包せずにロッカーに入れるだけでOK!

 「ぐっとずっと。シェア」は、中国電力が提供するシェアサービス。誰でも利用可能なマルチシェアリングロッカーを使って、商品の回収・配送、受け渡し、機器レンタルなどが行える。今回の実証実験では、「メルカリ」で売れた商品を梱包せずにロッカーに預け入れるだけで、購入者への配送が可能に。梱包・発送は両社が代行する。なお、発送方法に「らくらくメルカリ便」を指定した商品のみが対象となる。

 

 当面は、通常の「らくらくメルカリ便」と同じ料金での利用可能。ロッカーは無料で利用できる。利用時には中国電力の「ぐっとずっと。シェア」への会員登録が必要。会員になると、メルカリの配送サービスだけでなく、ベビー用品、福祉・介護用品、窓掃除ロボットのレンタルサービスなども利用できる。

 

「ぐっとずっと。シェア」を使った配送方法

 「ぐっとずっと。シェア」を使った商品の配送方法は次の通り。

1 2

関連記事