2019.7.12

国内ユニクロEC売上高、16%増の190億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファーストリテイリングが11日発表した19年8月期第3四半期(18年9月~19年5月)決算は、売上収益が前年同期比7%増の1兆8228億円、営業利益は同3.7%増の2476億円、四半期利益は同7%増の1586億円となった。

 

 

6月の国内ユニクロ事業既存店売上、ECは7割増

 国内ユニクロ事業の売上収益は同0.5%減の7010億円、営業利益は同19.5%減の967億円と減収減益に。売上高販管費率は、ICタグ(RFID)の活用により、レジや店舗業務の効率化が図れた一方で、Eコマース販売の拡大や在庫増による物流費比率が上昇したこと、有明倉庫の自動化投資に伴う減価償却費の増加などにより、0.9ポイント上昇した。なお、有明倉庫自動化の効果により、1件あたりのコストについては低下している。

1 2

関連記事