2019.7.11

佐川急便「一括受領サービス」開始、押印作業不要・ペーパレス化を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SGホールディングスグループの佐川急便(株)は10日、同社が運営する物流支援サービス「スマート納品」を導入する顧客向けに、ウェブ上で一括して受領作業が行える「一括受領サービス」の本格提供を開始した。

大量入荷時の受領印対応を不要に

 佐川急便では、EC事業者やショッピングモールなどの入荷作業の効率化を実現する「スマート納品」を14年から提供。「スマート納品」はBtoBのサプライチェーンで、深夜・早朝を含む時間帯別納品の提供や、商品カテゴリー別・ロケーション別の事前仕分けなどを、佐川急便の中継センター・営業所などの大型施設で行って納品することで、調達(仕入れ)から入荷(入庫・検品)までの業務改善を図る。

1 2

関連記事