アドブレイブ、CRMツール提供の「アクションリンク」を子会社化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アドブレイブは1日、EC特化型のCRMツール「アクションリンク」を運営するアクションリンク合同会社に出資し、完全子会社化した。
 

 アドブレイブは2018年12月、CRMツール「アクションリンク」の専属代理店として、EC業界に向けて「アクションリンク」の販売を開始。導入したクライアントからの評価が想定を超えて高かったことに加え、EC企業のCRMニーズの高まりと今後のCRM市場の将来性を見込んで、アクションリンク合同会社を完全子会社化した。

 

 

CRMツール「アクションリンク」の拡販体制を構築

 今回の出資により、アドブレイブはマーケティング支援事業に加え、CRMを事業化し、「アクションリンク」を拡販する。

 

 「アクションリンク」は、Eコマースに特化することで機能を絞り、既存のツールより導入コストを大幅に抑えたCRMツール。アクションリンク合同会社CEOの中村隆嗣がこれまで培ってきた大手EC企業のCRMコンサルティングの実績や、累計100億通以上のメールから数千回のPDCAを回して得たノウハウを鉄板施策として機能化しているため、CRMのノウハウが全くない状態でも、簡単に効果の高いCRM施策が実施できる。

 


■CRMツール「actionlink(アクションリンク)」

▽関連記事

・CRMジプシーに朗報?新卒社員でも使えるCRMツールが登場

 

▼関連資料

・超初心者のためのCRM入門

 

・なぜCRMがうまくいかないのか?解決すべき問題とリピーターを増やす施策とは?

関連記事