2019.7.9

アマゾン、「置き配サービス」の対象エリア拡大…都市圏を中心に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマゾン置配

アマゾンジャパン合同会社は8日、注文商品を受け取りやすくする配送オプションとして提供している「置き配指定サービス」の対象エリアを拡大すると発表した。

 

アマゾン置配

 

玄関・宅配ボックスなどの中から指定、配達後の撮影も

 置き配指定サービスは、自宅の指定場所へ商品を配達し、サインなしで受け取りができるサービス。「玄関」「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」の中から、配達場所を指定できる。

 

 配達完了時、専用アプリで配達した場所を撮影。配達完了通知メールや配送状況確認画面で画像が確認できる(※撮影を行わない設定も可能)。また、天候などの状況により置き配指定場所への配達が難しい場合は、連絡の上、配達しやすい場所に変更する。配送状況画面で商品が「お届け済み」と表示されているにも関わらず、届いていない場合などには、状況を確認した上で商品の再送や返品にも応じる。

 

「置き配指定サービス」の実施エリア

 「置き配指定サービス」の実施エリアは次の通り。(※追加エリアを含む)

 

  • 東京都:江東区/渋谷区/新宿区/世田谷区/中野区/板橋区/北区/目黒区/杉並区/台東区/豊島区/大田区/品川区/練馬区/武蔵野市/三鷹市/西東京市
  • 神奈川県:横浜市磯子区・栄区・青葉区・港南区/川崎市/綾瀬市/海老名市/三浦市/横須賀市/高座郡寒川町
  • 埼玉県:春日部市/越谷市
    愛知県:名古屋市昭和区・瑞穂区・中区・中村区・熱田区
  • 静岡県:浜松市西区・中区・東区・浜北区・北区
  • 大阪府:茨木市/高槻市/摂津市
  • 福岡県:福岡市中央区・博多区

 

 対象エリアは今後も都市圏を中心に順次拡大する予定。

 

■Amazon「置き配指定サービス」

関連記事