メール配信システムはECのインフラの一つ!具体的なサービス・ノウハウは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

EC・ネットショップ事業者にとってメール配信システムは必要不可欠なものです。この記事では、メール配信システムの重要性から、メール配信システムを一覧で紹介するほか、通販通信で取り上げているコンテンツまでを紹介します。

 

▽関連記事1:勘違いしがち!?ECが知っておくべきメール配信システムとは

 

▽関連記事2:メルマガだってCRM!EC事業者がCVR高めるコツとは!?

 

■メール配信システムの資料はコチラ!

 

EC事業者にメール配信システムが必要不可欠な理由とは?

 EC・ネットショップにおけるメール配信と聞くと、販促用のメルマガ配信を真っ先に想像する人も多いかと思います。ですが、ECにとってメール配信はインフラも同然の重要な意味合いがあります。なぜなら、会員登録確認・注文確認といった連絡もメールで行うのが通例だからです。重要なメールを送るのに、「配信エラーが起きる」「迷惑メール扱いされてしまう」のでは大変ですよね。だからEC事業者はメール配信システムの質にこだわる必要があるのです!

 

 もちろん販促としてのメール配信も重要です。メッセージアプリなどの台頭で、メールの効果の印象は薄れているかもしれません。でも、まだまだ楽天市場などでメールマガジンによる売り上げが大きいネットショップはたくさんいます。メルマガで成果をあげるには、コンテンツ自体が良質なことはもちろんです。ですが、高い到達率や高度な分析といったメール配信システムによってさらに効果をアップさせることも可能です。

 

 そしてメールによる成果をあげるには、エラーを減らすためのアドレスのスクリーニングなども重要です。

 

■メール配信システムの資料はコチラ!

 

メール配信システムにはどんなものがある?

 では、具体的にはどんなメール配信システムがあるかを紹介します。

 

(サービス名/提供会社名)


・コンビーズメールプラス(株式会社コンビーズ)

 導入実績は累計でで2万760社を突破。高速配信・到達率99%が特長。API連携も可能。低価格で高機能な一斉メール配信を実現する。月額2300円から利用可能で無料トライアルも用意している。ヒマラヤやハンコヤドットコムなどEC事業者も導入。

 

■コンビーズメールプラスの資料はコチラ!

 

・WiLL Mail(株式会社サパナ

 配信結果の分析機能が特長。グラフやヒートマップで比較. 開封・クリック・コンバージョンをグラフやヒートマップでリアルタイムに把握できる。過去のキャンペーンとの効果検証・比較も自動集計。

 

・配配メール(株式会社ラクス)

メルマガ配信などの一斉メール配信から、ステップメール・セグメント配信のOnetoOneの個別配信まで対応し、シンプルで簡単な操作と機能、高到達率の強力なインフラ、手厚いサポートが特長。.

 

・Cuenote(ユミルリンク株式会社

 1500社以上の導入実績があるメールマーケティングシステム。便利な機能が充実していて、簡単に操作できることが強み。サポート体制も充実している。

 

・WEBCAS e-mail(株式会社エイジア)

 大量一斉配信はもちろん、ユーザーの属性、嗜好、購買履歴などのデータを活用したOne to Oneメールの配信が可能。ディノス・セシールやベルーナといったカタログ通販企業も導入している。

 

・blaynmail(株式会社ラクスライトクラウド)

クラウド型メール配信サービス。月額2000円で配信数無制限、APIも利用可能。簡単に大量のメールを一斉配信できる。無料トライアル受付中。

 

・さぶみっと!メール配信(株式会社イー・エージェンシー

 1000通・14日間無料でトライアルできる。初期費用0円月額900円から利用できる。簡単&シンプルな操作で15年5000社以上の実績を持つ。

 

・ベンチマークメール(Benchmark.inc)

 無料で毎月250通の配信が可能。

 

・かえ~るくん(株式会社新東通信

「かえ~るくん」は通販企業様のリピーター育成向けに開発された、「通販特化型」のメール配信システム。顧客RFM分析ができるほか、有効メールアドレスうによって課金額が変わる。

 

・SPIRALメール(パイプドHD株式会社)

 緊急メールのように迅速な対応が必要な配信も、受信者の属性に合った内容を送りたいマーケティングメールの配信までもをカバーする。

 

・MailPublisherシリーズ(エクスペリアンジャパン株式会社)

 独自開発の高性能な配信エンジンとエラー解析モジュールを実装している。

 

■メール配信システムの資料はコチラ!

 

メールマーケのノウハウを知りたい!

 通販通信では、メールマーケティングに関するニュース記事や連載記事を取り扱っています。18年7月からはコンビーズによるメルマガコラムを連載しています。販促メールを迷惑メール扱いさせないためのコツや、HTMLとテキストメールそれぞれのメリットデメリットなど、ECのメール担当者必見の内容をお届けしています。

 

・迷惑メール対策のSPF/DKIMとは?

 ここ最近、迷惑メール対策としてDKIM認証された信頼性の高いメール配信を行うことが推奨されています。送信元のメールアドレスを偽装することは、実はとても簡単にできてしまいます。そのため、Yahoo!メールやGmailでもセキュリティ対策のためにSPFやDKIMという認証が採用されています。せっかく送ったメールが迷惑メール扱いされてしまっては悲しいですよね。販促のためのメルマガであればなおのことです。では、どうすればいいのか?今回は迷惑メール対策に有効なSPFやDKIMについて詳しく解説していきます!

 

・HTMLとテキストメール、それぞれの長所と短所は?

 「メルマガといえばHTMLメール」と思いがちですが、HTMLはキレイな見た目に装飾することが可能ですし、訴求力も高いと言われています。ただ、宛先によっては、HTMLメールでは送らない方がいい場合があります。それぞれのメール形式のメリットデメリットを解説し、送り先にあったメールの送り方について説明します!

 

・ECを成長させる秘訣はサンキューメール活用!?

 サービスや商品を注文してくれた人、資料請求や会員登録をしてくれた人に対してお礼の気持ちを込めて「ありがとう」を伝えるのがサンキューメール。このサンキューメールは、感謝の気持ちを伝える役割のほかに、使い方によっては次のアクションに促すこともできます。どのような活用方法があるのか、ケース別にご紹介します。

 

・メルマガ内容のマンネリ化を打破する3つの対策とは?

 メールをチャネルにした情報配信にはまだまだ大きなポテンシャルが秘められており、メルマガにも大きな効果が期待できます。しかし、多くのメルマガ配信者はその「効果」を感じることなく、日々の配信に四苦八苦してしまっているのが現状です。メルマガ配信の効果が薄れる理由や、それに対する有効な対策や考え方などをご紹介します!

 

・差出人名・宛名を入れて精読率アップ!

 日々のEC・ネットショップ運営におけるメールマーケティングのヒントをお届けするこの連載、今回はいつものメールを読者にとっての「読む価値のあるメール」にランクアップさせるテクニックを紹介していきます。

 

■メルマガ連載はコチラ!

 

■メール配信システムの資料はコチラ!

関連記事