2019.6.20

「G1 Commerce」がPGマルチペイメントサービス導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)UZENは18日、同社が運営する国内/越境ECプラットフォーム「G1 Commerce(ジーワンコマース)」と、GMOインターネットグループのGMOペイメントゲートウェイ(株)が運営する総合決済サービス「PGマルチペイメントサービス」が連携したことを発表。これにより「G1 Commerce」を導入する企業は、「PGマルチペイメントサービス」による各種決済サービスが利用できるようになる。

 

 連携イメージ

 

越境ECにも対応する「G1 Commerce」

 「G1 Commerce」は、越境ECにも対応したECプラットフォーム。カート機能/統計・分析/プロモーション機能などを搭載しているほか、標準で「日本語」「韓国語」「中国語」「英語」の4カ国語に対応し、多言語化された越境ECサイトが簡単に構築できる。

 

 さらに、実店舗との在庫管理連携や売り上げ管理統合など、オムニチャネル化を推進させる機能、国内サイトと多言語対応サイトの一元管理機能、自動翻訳機能(カスタマイズ)、導線分析・ショッピング行動ログ・口コミなどの分析ツールが利用でき、会員の購入金額や購入商品別のプロモーションも行える。

1 2

関連記事