2019.6.13

ジャパネット新会社設立、通販とスポーツ・地域創生事業を分離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパネット新会社

(株)ジャパネットグループは11日、19年6月1日に新会社(株)リージョナルクリエーション長崎(髙田旭人社長)を設立したことを発表。併せて18年に着手した長崎・幸町工場跡地活用事業「長崎スタジアムシティプロジェクト」の進捗状況についても公表した。

 

ジャパネット新会社

 

長崎スタジアムシティを企画・運営

 新会社(株)リージョナルクリエーション長崎は、「最高のスポーツ・エンターテインメント環境を通して人とのつながり、感動を生みだすこと」「雇用や地域経済の活性化に繋がるようビジネスとして成り立たせること」を両立させ、長崎から世界へ平和のメッセージを広げていくことを目指して設立。地域創生事業に関わる事業戦略・事業企画、長崎スタジアムシティの企画・運営、サッカーその他スポーツのための施設の管理・運営を主な事業としている。

 

通信販売事業との棲み分けを明確化

 長崎スタジアムシティには、プロサッカーチーム「V・ファーレン長崎」の新たな本拠地となるスタジアムを中心に、オフィス・商業施設・ホテル・マンションなどを設置。同施設に関する戦略・企画から現場の運用までを、同社が一気通貫で行う。ジャパネットグループ各社の中に新たに会社を設立することで、通信販売事業とスポーツ・地域創生事業の棲み分けを明確にし、それぞれが専門性を持って企業理念である「今を生きる楽しさ」という想いの実現を目指す。

 

ジャパネット新会社(左)A案と(右)B案
(※計画段階のため変更の可能性有)

 

“日本一選手に近い”VIPシートを設置

 長崎スタジアムシティプロジェクトでは、開放感あふれるサッカースタジアムらしいデザインのA案と、平和の象徴であるリング型の商業スペースが特徴的なB案を発表。コンコースを広くとることで、長崎の豊かな風景、浦上川の音や風が感じられる、まるで公園のような空間を作る。

 

 サッカー専用スタジアムは、前の人と被らない距離・視界を確保しながら、ピッチと観客席の距離を近くに配置する。これにより、試合中に選手同士が話す声も聞こえるような臨場感が体験できる。また、“日本一選手に近い”VIPシート(プレイヤーズラウンジ)をピッチサイドに設けるほか、企業や家族単位で利用できるVIP個室(ダイヤモンドBOX、プラチナBOX)を用意。地域の新鮮な素材を使ったご当地グルメや、対戦相手にあわせた限定グルメがビュッフェで楽しめるVIPスイートルーム(ブロンズスイート)も設置する。

 

ジャパネット新会社各種VIPシート・ルームを備えたサッカースタジアム
(※計画段階のため変更の可能性有)

 

サッカー観戦ができるホテルを隣接

 さらに、稲佐山・長崎湾の自然を見渡せる眺望とスタジアムビューが楽しめるホテルを展開。プライベートな空間で試合が楽しめるほか、試合が無い日も夜にプロジェクションマッピングのイベントを実施するなど、スタジアム隣接するホテルならではの立地を活かした企画を実施する。

 

 

■リージョナルクリエーション長崎

関連記事