2019.6.13

ジャパネット新会社設立、通販とスポーツ・地域創生事業を分離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパネット新会社

(株)ジャパネットグループは11日、19年6月1日に新会社(株)リージョナルクリエーション長崎(髙田旭人社長)を設立したことを発表。併せて18年に着手した長崎・幸町工場跡地活用事業「長崎スタジアムシティプロジェクト」の進捗状況についても公表した。

 

ジャパネット新会社

 

長崎スタジアムシティを企画・運営

 新会社(株)リージョナルクリエーション長崎は、「最高のスポーツ・エンターテインメント環境を通して人とのつながり、感動を生みだすこと」「雇用や地域経済の活性化に繋がるようビジネスとして成り立たせること」を両立させ、長崎から世界へ平和のメッセージを広げていくことを目指して設立。地域創生事業に関わる事業戦略・事業企画、長崎スタジアムシティの企画・運営、サッカーその他スポーツのための施設の管理・運営を主な事業としている。

1 2

関連記事