2019.6.11

高血圧治療GL改正で予備軍増加、40代の7割自覚なし…ファンケル調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンケル調査

(株)ファンケルが10日発表した「普段の生活に関するアンケート」によると、「高血圧予備軍」とされる高値血圧対象者のうち40代男女は、高血圧に対する問題意識と健康的な食事に対する意識が低いことがわかった。

 

ファンケル調査

 

 同調査は、20代~60代の男女各300人(計600人)を対象としたアンケート調査で、血圧の内訳は140/90mmHg以上、130~139/80~89mmHg、130/80mmHg未満が各200人。調査期間は19年4月12日~15日。

 

40代の高血圧予備軍は健康食への意識が薄い?

 「高血圧治療ガイドライン2019」(日本高血圧学会)が19年4月に改正され、これまで正常高値血圧とされていた130~139/85~89mmHgが「高値血圧」となった。これにより、新たに約2200万人が高血圧予備軍となっている。

1 2

関連記事