2019.6.10

ストリーム1Q、ネット通販事業は124%の増益に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ストリームが14日発表した20年1月期第1四半期決算は、連結売上高が前年同期比3.5%増の59億3100万円、営業利益が同51%増の4800万円、純利益が同13.2%減の2600万円となった。

ecカレントは外部サイトが好調、Amazonでは化粧品月間売り上げが2~3.5倍に

 インターネット通販事業の売上高は、同6.2%増の53億2800万円、営業利益は124.8%増の8200万円を計上。「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazonマーケットプレイス」などの外部サイトの売上が、OA周辺機器・掃除機・洗濯機を中心に堅調に推移した。

 

 サイト別では、「Amazonマーケットプレイス」内の「ecカレント」で、在庫保管・商品配送代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」の活用により、業務効率が改善され、売上が好調に推移。加えて、18年9月に導入した「スポンサープロダクト広告運用代行/セラーコンサルティングサービス」により、化粧品の商品ページの改善と広告運用の相乗効果が得られ、化粧品の月別売上高は導入以前の2倍から3.5倍で推移している。

1 2

関連記事