2019.6.5

楽天市場夏のヒット番付、令和最初の消費・増税対策が横綱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が26日発表した「夏のヒット番付2019」は、東の横綱が「令和最初の○○消費」、西の横綱が「プレ増税消費」、東の大関が「お盆の9連休特需」、西の大関が「スポーツ観戦消費」となった。

 

 「楽天ヒット番付」は、「楽天市場」「ラクマ」「楽天トラベル」の購買分析データや出品数をもとに、この夏の消費トレンドを予想し、番付形式で発表する企画。今年は、新元号「令和」施行後初めての夏を迎えることから、3サービス共通で改元に関するグッズや旅行先が選出された。また、増税を見据えた高額消費や、来年のオリンピック・パラリンピックに向けたスポーツ観戦グッズにも注目が集まっている。

 

令和バージョンの「御朱印」「おみくじ」が人気

 東の横綱「令和最初の○○消費」では、新元号「令和」施行の記念にと、「楽天市場」で令和バージョンの「御朱印」(138.9%増)や「おみくじ」(3万3065%増)を求める人が続出。また、思い出を閉じ込めるタイムカプセル(132%増)の売上も伸びている。

 

楽天市場夏のヒット番付

1 2

関連記事