マンション内でラクマにかんたん代行出品!「楽ラクブース」試験設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は3日、同社が運営するフリマアプリ「ラクマ」で、商品を無償資材に詰めるだけで出品代行の依頼ができる「おうちで楽ラク出品ブース」の試験提供を開始。第1弾として、東京都江東区のファミリー向けマンション「パークホームズ豊洲ザ・レジデンス」(管理会社:三井不動産レジデンシャルサービス(株))に出品ブースを設置した。

 

 

無償資材で梱包してコンシェルジュに預けるだけ!

 「おうちで楽ラク出品ブース」は、自宅から外出することなく、無償資材で梱包・発送することができる「ラクマ」の出品代行サービス。商品を同社が無償提供する資材に詰めるだけで出品代行の依頼ができる。ブースには、梱包資材が常備されており、売りたい商品を自由に梱包することができる。さらに、梱包した商品をマンション内のコンシェルジュに預けることで、発送することができる。

 

「トリクル」の代行出品の利用も可

 出品代行を依頼する際は、まず専用WEBサイトにて申し込みを行い、売りたい商品を資材に詰めてコンシェルジュに預ける。荷物は(株)Spiceの代行出品サービス「トリクル」が回収し、「ラクマ」に出品する。

 

 同ブースの利用料金は無料。出品代行で取引が成立した場合は、10万1円以上の商品は15%、2万1円~10万円は30%、2万円以下は50%の手数料が別途必要となる。

 


 

フリマ出品、梱包資材調達が意外と大変?

 「ラクマ」が18年12月25日~27日に、フリマアプリ「ラクマ」ユーザー3633人を対象に実施した「フリマアプリに関する意識調査」によると、「フリマアプリを使用する際に大変だと感じている点」について、「梱包・発送をすること」(37.3%)と回答した人が最も多かった。その理由については、「梱包する資材を用意しなくてはいけないから」(81%)、「梱包・発送する時間がないから」(30.8%)、「近くに発送できる場所がないから」(16.1%)といった回答が上位を占めた。

 

 そこで「ラクマ」では、これらの手間を解消するため、自宅で簡単に梱包・発送および出品代行の依頼ができる「おうちで楽ラク出品ブース」の提供を開始している。

 

「おうちで楽ラク出品ブース」利用手順

 「おうちで楽ラク出品ブース」の利用手順は次の通り。

 

  1. <梱包・出品のみ>
    ラクマで売れた商品を「おうちで楽ラク出品ブース」に持って行き梱包する(※自宅での梱包も可)
  2. 梱包した商品をマンションのコンシェルジュに預けて発送する

 

  1. <出品代行をする場合>
    専用WEBサイトで必要項目を入力の上、出品代行を申し込む(※ブースにアクセス可能なQRコードを記載)
  2. ラクマで売りたい商品を「おうちで楽ラク出品ブース」に持って行き梱包する(※自宅での梱包も可)
  3. 資材に詰めた商品をマンションのコンシェルジュに預ける

 

 

 

■トリクル

関連記事