2019.5.24

日本ベンチャー大賞、「ハコベルコネクト」が経産大臣賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は23日、社会的インパクトのある新事業を創出した起業家やベンチャー企業を表彰する「日本ベンチャー大賞」の表彰式を内閣総理大臣官邸で行い、通販業界からラクスル(株)とヤマトホールディングス(株)が共同で開発したオープン型の物流プラットフォーム「ハコベルコネクト」が「ベンチャー企業・大企業等連携賞(経済産業大臣賞)」に選ばれた。

 

(左から)ヤマトHD長尾裕社長、ラクスル松本恭攝社長
滝波経産大臣政務官、READYFOR米良はるかCEO

 

 「日本ベンチャー大賞」は、ロールモデルとなるインパクトのある新事業を創出した起業家や有望なベンチャー企業を表彰することにより、起業を志す人々や社会に対し、積極的に挑戦することの重要性を浸透させることを目的としている。

 

配送各社の情報をオンライン上で共有・有効活用

 「ハコベルコネクト」は、新規荷主の開拓から配車管理までできる無料の物流プラットフォーム。17年7月の両社の資本提携により、企業間物流の構造変革の実現を目指すプロジェクトが開始され、各運送会社が保有する案件情報や運送業務などの情報がオンライン上で共有できるプラットフォームとして構築した。

1 2

関連記事