2019.5.23

電商法の影響は軽微?越境ECイベントに中国人バイヤー1000人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホントリンクグループの(株)トレンドExpressは18日、中国最大級のCtoCコマースアプリ「微店(ウェイディエン)」を展開する無線生活(北京)信息技術有限公司グループの上海趣買信息技術有限公司(※正式名称では「買」と「術」は繁体字)と共同で、越境ECイベント「ソーシャルバイヤーEXPO2019春」を池袋サンシャインシティ展示ホールで開催。日本企業約20社が、来場した日本在住の中国人ソーシャルバイヤー(代理購入者)1000人に対し、自社商品の魅力をプレゼンテーションした。

 

 

中国「電子商務法」以降で初開催

 ソーシャルバイヤーは、日本国内で個人として商品を購入し、「WeChat(微信)」などSNSを使って自身のSNSフォロワーに商品特徴・使用感などをクチコミとして投稿、販売を行っている。今回の「ソーシャルバイヤーEXPO2019春」は、中国で「電子商務法」が19年1月に施行されて以降、初めて開催された大規模イベントとなった。

 

ソーシャルバイヤー支援アプリ「WorldX」を紹介

 イベントでは、日本企業による自社商品のプレゼンテーションのほか、5月から本格展開を開始したトレンドExpressとppbuyerの共同開発によるソーシャルバイヤー支援アプリ「WorldX」を、来場したソーシャルバイヤーに紹介している。

1 2

関連記事