2019.5.17

ライザップ最終決算、子会社不振で赤字193億円…過去最高売上も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZAPグループ(株)が15日発表した2019年3月期連結決算(17年4月~18年3月)は、売上収益が前期比82.3%増の2225億円、営業損益が93億8800万円(前年同期は117億8000万円の利益)、純損益は193億9300万円(同90億7500万円の利益)となった。売上は7期連続で過去最高となったが、子会社の不振により190億円を超える赤字となった。

 

 

収益改善が困難な事業は売却・撤退

 過去1年以内にグループ入りしたワンダーコーポレーション、ジャパンゲートウェイ、サンケイリビング新聞社、ぱど、タツミプランニングなどの経営再建が遅れ、在庫や不採算事業の減損など、構造改革関連費用を含む非経常的損失を出したことなどから、大幅な営業損失を計上。20年3月期の黒字化を実現するため、合計約93億円の構造改革関連費用を追加計上した。

1 2

関連記事