2019.5.10

女性向けECモール「たんぽぽモール」が閉鎖、運営会社が破産で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性向けのECモール「たんぽぽモール」を運営していた(株)ライフエンターテインメントが4月24日、東京地裁から破産手続き開始の決定を受けていたことがわかった。帝国データバンクによると、負債は約6億2000万円で、債権者は192人。

 

 

営業代行でトラブル続出

 「たんぽぽモール」は1999年にサービスを開始した女性向けのECモールで、取扱商品は約100万点。美容・健康・ファッション・グルメ・ライフ&インテリアをメインカテゴリーとしていた。2013年には契約企業が3300店舗で、会員数は330万人(女性8割・男性2割)。同サイトでは、楽天市場に出品されていない商品が多いことや、楽天市場より低価格で商品を提供していることを売りにしていた。

 

 同社は「たんぽぽモール」運営のほか、複数の専門モールや、女性向けメディア「WomanStyle」なども運営していた。そのほか、ECコンサル、営業代行、広告代理業なども実施。営業代行では、成果が出なかった場合に返金する契約だったが、成果が出なくても返金されないトラブル情報がネット上に出回り、訴訟も起きていた。

 

 現在は「たんぽぽモール」や「WomanStyle」など、同社が運営していたサイトはすべて稼働が停止しているか、アクセスができない状態になっている。「たんぽぽモール」のFacebookページは現在も残っているが、18年8月10日を最後に更新が止まっている。

 

■「たんぽぽモール」

 

関連記事