日本茶のサブスクサービス「トーキョーティージャーナル」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)LUCY ALTER DESIGNは8日、日本で初となる「観て飲む」お茶のサブスクリプションサービス「TOKYO TEA JOURNAL(トーキョーティージャーナル)」を正式に開始した。


TOKYO TEA JOURNAL

 

月額500円・2種類のお茶と情報誌のサブスク定期便

 「TOKYO TEA JOURNAL」は、月額500円(税込・配送料300円)で、日本全国の茶葉2種類(月替)と、そのお茶のストーリーを取材した情報誌がポストに届くサービス。映像は、情報誌に記載されるQRコードを読み取り、専用サイトにアクセスして視聴する。毎月1日~末日までの申し込みで、翌月中旬から月1回届けられる。

 


TOKYO TEA JOURNAL月替わりでお茶2種類と情報誌が届けられる

 

作り手の表情や声・畑の様子などを紹介

 同社では、約2年間にわたって全国各地の生産者を訪れ、インタビュー撮影・取材を実施。お茶を味わうだけでなく、本や検索だけでは知ることのできないお茶のこと、作り手の表情や声、畑の起伏などを紹介する。

 

 初年度は、全国から24農家が参加。24種類のシングルオリジン煎茶が楽しめる。主な特集農家の茶葉は次の通り。

1 2

関連記事