2019.4.25

九電が宅配ボックスの実証実験、モニター100世帯を募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

九州電力(株)は24日、(株)マッシュルームとの協業で実施している、「再配達問題」の解決を目指した実証実験(福岡市実証実験フルサポート事業)で、宅配ボックスなどの開発・製造が完了したことを受け、実証実験の無料モニターの募集を開始した。

 

九電が宅配ボックスの実証実験

宅配ボックスの設置イメージ

 

宅配ボックスで宅配事業者と受取主のストレスを低減

 同実験は、福岡市および福岡地域戦略推進協議会の協力のもと実施。宅配ボックスの認証・解錠、配達先の指定などを行う「VIA」を搭載したスマートフォン制御型宅配ボックスにより、荷物の授受に係る宅配事業者と受取主の双方のストレスを低減する。

1 2

関連記事