2019.4.17

FAX注文を自動で電子化、「楽楽B2B」に注文書自動読み込み機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ネットショップ支援室は17日、企業間取引・受発注を電子化する法人向けASPカートシステム「楽楽B2B」に、AIとOCRを活用してFAX注文をシステムに読み込むことができる「注文書自動読み込み機能」(ビジネスモデル特許出願中)を追加した。また、後払いに対応したキャッシュレス決済や倉庫管理システム(WMS)とも連携し、「楽楽B2B」を大幅にアップデートした。

 

業界初の「注文書自動読み込み機能」

 IT化に遅れを取っている企業では、現在でもFAXや手書きの注文書による受発注が行われている。「楽楽B2B」に新たに追加した「注文書自動読み込み機能」では、FAXによる注文を自動的に読み込むことで、受発注の取引を電子化し、企業間取引の生産性向上に期待が持てる。同社によると、B2Bの注文をAI-OCRで自動化する機能は業界初といい、同社では同機能のビジネス特許を出願している。

1 2

関連記事