2019.4.17

凸版印刷、台車型ロボット「キャリロ」とRFタグを使った実験に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷(株)と(株)ZMPは16日、経済産業省・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が掲げる「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向け、実施した実証実験の結果について発表した。

 

 ZMPが開発する台車型物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)AD」と、RFID(=電波を用いてRFタグのデータを読み書きするシステム)を組み合わせた無人物流支援ソリューションを使って、棚卸・検品における省人化の効果を確認した。

 

ゲート型のリーダ/ライタを通過することで梱包資材を判別

 

1 2

関連記事