2019.4.15

Amazon、1%以上のポイント還元義務化を撤廃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公正取引委員会はこのほど、アマゾンジャパン合同会社が「Amazonマーケットプレイス」に出品するネットショップの全商品に最低1%以上のポイント還元を義務づける利用規約の変更に関する調査を終了した。アマゾンジャパンが1%以上のポイント還元を出店者の任意に変更したため。

 

ポイント義務化撤廃で公取委がAmazonへの調査を終了

 アマゾンジャパンは2月20日、AmazonマーケットプレイスのAmazonポイントサービスの利用規約を変更。5月23日から出店者の負担でAmazonに出品される全商品に最低1%のポイント還元を義務づけることを明記した。

 

 この決定に対し、出店者からの不満の声があがり、公取委も独占禁止法上違反(優越的地位の濫用)の疑いで調査を実施していた。

 

 アマゾンジャパンは4月10日、利用規約を再度修正し、ポイント還元は出店者の任意によるものとしたため、公取委は規約変更に伴う調査を終了した。

 

関連記事