2019.4.12

ファストリQ2、国内ユニクロが減収減益…ECは30%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ファーストリテイリングが11日発表した19年第2四半期(2018年9月~19年2月)連結決算は、売上収益が前年同期比6.8%増の1兆2676億9700万円、営業利益が同1.4%増の1729億4100万円、四半期利益は同9.5%増の1140億2900万円となった。

 

 

国内ユニクロは減収減益、海外事業は好調に推移

 国内ユニクロ事業は、1~2Q連結の売上収益が同0.5%減の4913億円、営業利益は同23.7%減の677億円と減収減益に。2Qの3カ月間に限れば、同2.8%増収となっている。このうちEC売上高は、同30.3%の増収と好調に推移。売上構成比は前年同期の7.5%から9.9%へと上昇している。

1 2

関連記事