2019.4.11

楽天、総務省の5G周波数割当で2枠確保…5Gの基地局開設へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)の連結子会社の楽天モバイル(株)は10日、第5世代移動通信システム(5G)の特定基地局の開設にあたり、総務大臣から3.7GHz帯周波数(3,800MHz~3,900MHz以下)と28GHz帯周波数(27.0GHz~27.4GHz以下)での認定を受けたことを明らかにした。同認定により、同社グループは20年中に、5Gを活用した新ビジネスの創出に取り組むことが可能となった。

 

昨年11月に実施した5G実証実験
(楽天生命パーク宮城)

 

ソフトバンク・ドコモなど4者が認定

 総務省では、第5世代移動通信システム導入に伴う特定基地局の開設計画の認定申請受付を、19年1月24日~同年2月25日に実施。これに対し、楽天モバイルのほか、(株)NTTドコモ、KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)、ソフトバンク(株)が申請を行った。審査の結果、各社に下記の通り、使用周波数が割り当てが行われた。

 

 携帯各社に割り当てられた周波数
(総合通信基盤局の発表資料より抜粋)

1 2

関連記事