18年サブスク市場規模は5600億円…5年後は50%増に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)矢野経済研究所が9日発表した国内のサブスクリプション(定額)サービス市場に関する調査結果によると、18年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は、8市場の合計で5627億円となった。データ活用需要や新規参入事業者増などを背景に好調に推移している。

 

 

 同調査は、サブスクリプション(定額)サービス事業者、関連システム事業者などを対象に、同社専門研究員による直接面談取材、アンケート、文献調査などを併用して実施。対象となった商品・サービスは、ファッション系定期宅配/飲食サービス/生活関連/教育/娯楽(音楽・映像サービス他)など。調査期間は18年12月~19年3月。

 

23年度は8623億5000万円になると予測

 この調査によると、18年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模(8市場計)はエンドユーザー(消費者)支払額ベースで、5627億3600万円。さらに23年度には、市場規模は8623億5000万円に膨らむと予測している。

1 2

関連記事