PayPay第2弾キャンペ、第1弾以上のユーザー獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ヴァリューズは8日、スマートフォン決済アプリ「PayPay」の利用動向調査を公表。これによると、現在実施中の第2弾キャンペーンは18年12月実施の第1弾キャンペーン以上のユーザーを集めていることが分かった。

 

 

 同調査は、一般ネットユーザーの行動ログを用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、ヴァリューズ保有モニターパネル(20代以上)のスマホ行動ログデータを分析したもの。

 

第2弾キャンペ実施で利用ユーザー36%増

 この調査によると「PayPay」は、第1弾キャンペーン終了後、一時ユーザー数が若干落ち込んだが、その後順調に増やし、19年2月時点のアプリ所持ユーザーは774万人にまで伸ばした。さらに2月から実施している第2弾キャンペーンでは、キャッシュバック上限を第1弾の5万円から1000円相当に大幅縮小したにもかかわらず、利用ユーザーが前月比36%増の599万人に急増している。

 

 一方、他のスマホ決済サービスのユーザー数は、「楽天ペイ」が333万人、「Origami決済アプリ」が141万人と、「PayPay」に大きく引き離されている。ただし、両サービスとも右肩上がりでユーザーを増やしている。

1 2

関連記事