7&iHDの19年2月期、売上・利益は過去最高…EC全体も増収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)セブン&アイ・ホールディングスが4日発表した2019年2月期連結決算は、売上高(営業収益)が前年同期比12.5%増の6兆7912億1500万円、営業利益が同5.1%増の4115億9600万円、純利益は同12.1%増の2030億400万円と、過去最高の売上・利益を達成した。

セブンプレミアムの売上が好調、グループ売上は12兆円

 セブン-イレブン・ジャパンと7-Eleven,Inc.の加盟店売上を含めたグループ売上は、同8.8%増の12兆180億400万円を計上。グループのライベートブランド商品「セブンプレミアム」の売上は、同7%増の1兆4130億円に達した。

1 2

関連記事