2019.4.2

資生堂がアリババと提携、中国向けの新商品・サービスを提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリババグループと資生堂グループの中国子会社の資生堂(中国)投資有限公司は3月31日、両社間で戦略業務提携した。資生堂はアリババグループの「天猫新商品開発センター」と連携し、中国市場向けの新商品開発や、中国の消費者のニーズに適したサービスを提供する。

 

戦略業務提携の締結式(左から)資生堂・藤原憲太郎氏、天猫・胡偉雄氏

日系企業で初、杭州市に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」

 アリババでは、中国浙江省・杭州市のアリババグループ本社近隣に「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設。オフィスには、資生堂の専任チームが常駐し、商品開発、EC、ブランドマーケティング、CRMなどの分野で連携を行う。なお、この取り組みは、世界の化粧品業界および日系企業では初めての試みとなる。

1 2

関連記事