楽天SOY受賞店「木乃幡」、クラウドファンディングを中止に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天や自社ECサイトで福島のご当地グルメ「凍天(しみてん)」やお餅などを販売する(株)木乃幡(このはた)は、福島県福島市に設立予定の新本店(実店舗)の開設資金のクラウドファンディングを「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」上で募集している。

 

※追記(4月11日):今回の「CAMPFIRE」を活用した(株)木乃幡のクラウドファンディングは、4月12日に中止となります。目標金額の達成状況や不足の事態が発生したことが理由です。詳細は記事の最後に掲載した【本プロジェクトの中止に関するご報告とお詫び】をご参照ください。 

 

 

 

人気の和スイーツ「凍天」でECにも注力、楽天SOY受賞歴も

 木乃幡は、もともと福島県南相馬市に本社と工場を構えていた食品企業(現在も登記上の本社は南相馬市)。切り餅や凍みもちの製造を中心とした餅の製造卸会社として立ち上がった。看板商品は、凍みもちをドーナツの生地で包んだオリジナルの和スイーツ「凍天」。1989年から販売開始し、メディアで「福島のソウルフード」と紹介されるほどの人気商品。ネットショップによる販売も手掛けており、03年から楽天市場に出店。楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2005での受賞経験も持つ。

 

楽天SOY受賞時の写真(左側の写真の右の人物が木乃幡・常務の木幡吉成氏)

 

東日本大震災関連の甚大な災禍受けながらも力強く事業を継続

 11年3月の東日本大震災によるさまざまな災禍の影響も受けた。同社が本社と工場を構えていた福島県南相馬市は、太平洋沿岸部であり、東京電力の福島第一原発事故20km県内に位置する。震災後、再生を目指し銀行から約5億円の融資を受け14年に宮城県名取市に新自社工場を開設。実店舗販売、EC販売ともに注力してきた。ただ、同社は「東電からの十分な補償がない状態」であるといい、「新工場再建の負債を背負いながらの経営は厳しい状況が続いている」(同)と話している。

 

 そんな中、今年1月に同社の売り上げの3割強を支えていた福島市内の実店舗「福島店」が定期借地権契約終了のため閉店。震災の影響による新工場設立費の捻出などによりメインバンクからは限度額まで融資を受けており、新たな融資元の確保に奔走するも、土地買い上げや移転費を準備できず閉店を余儀なくされた。

 

 今回のクラウドファンディングは、福島市内に実店舗を復活させるため実施する。新店舗の構想としては、物販のみならず、飲食スペースも設ける。「餅カフェ もち処木乃幡」として復活させたい考え。

 

 クラウドファンディングの目標金額は1500万円。4月1日14時現在で目標額の21%に相当する約320万円が集まっている。募集期限は4月14日23時59分まで。支援は1口3000円から。リターンとしては看板商品の「凍天」や「杵つき餅」のセットなどを用意している。

 

■東日本大震災から復活!福島市「もち処・木乃幡」を餅カフェとしてリニューアルしたい(クラウドファンディングサイト)

 

※追記(4月11日):今回の「CAMPFIRE」を活用した(株)木乃幡のクラウドファンディングは、4月12日で中止となります。目標金額の達成状況や不足の事態が発生したことが理由です。詳細は下記をご参照ください。

 

【本プロジェクトの中止に関するご報告とお詫び】 (木乃幡からのメールより)

ご支援者様各位 

株式会社木乃幡 常務取締役 木幡吉成でございます。 
皆様におかれましては、日頃より木乃幡の運営にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。 

この度はCAMPFIRE様でのクラウドファンディング プロジェクト「東日本大震災から復活!福島市「もち処・木乃幡」を餅カフェとしてリニューアルしたい」にご支援いただき誠にありがとうございました。 

2019年3月14日から同4月14日終了の予定で、原発事故後の厳しい経営の中で失った旗艦店(福島本店)の復活の為、CAMPFIRE様の力をお借りし、クラウドファンディング(目標金額1500万円)での資金調達を募ってまいりました。 

自社の苦境を公にすることは覚悟のいることでしたが、再生への望みを今回のクラウドファンディングに繋ごうとチャレンジ致しました。 

ただ、現状の達成状況のみならず、クラウドファンディング期間中に多くの不測の事態が発生し、このままではパトロンの皆様に不利益を与えてしまう事になると考え、プロジェクトの中止という判断に至りました。 

クラウドファンディング実施期間中に、不動産業者の変更による内容の変更が余儀なくされ、予算の再構築が必要になったり、東電の和解金の実際の振込金額は、差引き額が有り、当方の想定より低い金額であった事がその後発覚、そして未だに振り込まれていない事。震災と原発事故以降、多くの重い課題が矢継ぎ早に起こり、悩み考えながら都度選択を重ねてまいりました。その結果での今日なのだというご批判も、甘んじでお受けする所存でございます。そしてなにより、福島店の閉店の影響は想定していた資金繰り以上に大きく影響を与えており、CAMPFIRE様とも議論を重ねた上、弊社の考えを理解して頂き、4月12日をもって、今回の本プロジェクトを中止する事と判断いたしました。 

善意でご支援いただきました皆様には、私たちの不甲斐なさにより、このようなご報告をすることに、大変忍びない思いでございます。誠に申し訳ございません。深く、深くお詫び申し上げます。 


中止にあたり、ご支援いただいた支援金は可能な限り速やかに、全額返金の対応をさせていただきたく存じます。 


大変ご面倒をおかけしますが、以下ご確認くださいますようお願い申し上げます。 

・ご支援いただいた費用はすべて(決済手数料含め)ご返金致します。 


お支払い方法によって、ご返金手順が異なりますため、 
以下をご確認、お手続き等いただけますようお願い申し上げます。 

【クレジットカード、キャリア、後払い決済をご利用の方】 
 決済タイミングによって一度支払いが完了してしまう場合がございますが 
 カード・キャリア会社・決済会社より追って返金をさせていただきます。 
 (この場合、ご出資者様側でのお手続きは、特に必要ございません) 

【銀行、コンビニ払いをご利用の方】 
お手数をお掛けすることとなり誠に畏れ入りますが、 
返金手続きにあたり、銀行口座情報を下記リンク先のページよりご入力をお願いいたします。 

・返金用口座入力ページ: https://camp-fire.jp/users/add_bank_account 
※要ログイン 

関連記事