2019.3.29

ヤマト運輸、電動車で宅配へ…宅配特化の小型EVトラック開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸(株)は27日、ドイツポストDHLグループ傘下のストリートスクーターと共同で、日本初となる宅配に特化した小型商用EVトラックを開発し、購買契約を締結した。19年度中に500台を導入し、秋から1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)で順次稼働を開始する。

 

 

小型商用EVトラックで環境負荷低減

 今回導入した小型商用EVトラックは、CO2排出量・走行時の騒音などの環境負荷低減を目指し、人間工学を追求したデザインを採用するなど、安心・安全で働きやすい労働環境の実現に向けた仕組みを備えている。

1 2

関連記事